読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えいちゃーろぐ!

不定期で更新していきます

独断と偏見で選ぶ処刑用BGM 15選

 

 

 というだけの記事です。というかネタが舞い込んでくるのを待ち続けるうちに3か月くらい更新ナシ……みたいな現象に陥り続けていたので、今後はこういう些細なことでも記事にしていこうかと思います。許して。

 

dic.nicovideo.jp

「処刑用BGMとは何ぞや?」と思った方は上のリンクを見ればだいたい分かると思いますが、おそらく捉え方は人によってまちまちでしょう。私個人は「絶対に負けられない戦いの曲」くらいに捉えています。この曲がかかっているのに負けるわけにはいかねぇだろ!みたいな。

さらに言えば「処刑用BGM=何かしらの物語を伴った音楽」という認識が一般的ではないでしょうか。アニメやゲームから映画やドラマに至るまで、処刑用BGMの登場する媒体は、物語を描いているものが大半だと思います。ぜひ音楽を聴きながら、その『物語』を勝手に空想して楽しんでいただければと思います。

なお私自身の趣味の関係上、全体的にゲーム音楽に偏っているので、そこは疎いジャンルなんだよな……という方は特に参考になるかと思います。それと、ツイートでは「30選」なんてカッコつけて言いましたけど、紹介するまでもなく超有名な曲たち(「我が心 明鏡止水 ~されどこの掌は烈火の如く」とか)を除外して「ちょっとコアなところを突いてやる!」ってやっていたら30曲も思いつかなかったので15曲にしました。ごめんね。

 

 

 

■Super Sonic vs. Perfect Dark Gaia

www.youtube.com

ソニック ワールドアドベンチャー』のラスボス、パーフェクトダークガイア戦のBGM。実は本作のメインテーマであるEndless Possibilityのアレンジ。メインテーマを最後に聴かせてくるのはベタだけどニクいですね。シンフォニックメタルはラスボスに合います。

 

■The Decesive Battle

www.nicovideo.jp

超有名フリーゲーム制作サークル「カタテマ」の代表作のひとつである『魔王物語物語』のボス戦BGMとして有名なこの曲ですが、実は音の回廊で配布されている素材BGMです。他にも「ふしぎの城のヘレン」辺りのフリーゲームでも流れますが、実際に使用する際は会員登録などちょっとした手続きが必要なのでご注意ください。

 

■The Azure Arbitrator

www.youtube.com

英雄伝説 碧の軌跡』のラスボス、碧のデミウルゴス戦のBGM。この戦闘には時空大崩壊(リンク先ネタバレ注意)という技がありまして、どちらかといえばこちらが処刑されている感すらある曲ですね。ラスボス特有のコーラスが特徴的なイントロに始まり、サビまで駆け抜けていく構成が、引くに引けないどうしようもなさをよく表しています。

 

■いけいけマーチ(Accretion Disk)

www.youtube.com

ガラリと雰囲気が変わって、「邪魔する者なんて蹴散らしていけ!!」という感じの曲になりました。かの有名なタクティクスオウガの前身、SFCゲーム『伝説のオウガバトル』のマップBGMです。私が持っているサウンドトラックでは『Accretion Disk』という曲名なので探すのに苦労しました……。

 

■リリーゼと炎龍レーヴァテイン

www.youtube.com

KONAMI音ゲーに入ってたり入ってなかったりする曲。そのため知名度では姉妹作の量子の海のリントヴルムに劣りますが、「処刑感」は圧倒的にこちらが上。2曲ともストーリーは公開されていませんが、動画からして妄想が捗りそうな感じですね。ちなみに私は稀にリフレクをやりますがどちらとも本当に無理です。

 

■危機

www.youtube.com

聖剣伝説2のボス戦BGM。個人的な話ですが私が生まれて初めてプレイしたゲームでして、小学生ながらに「型破りな音楽だ……」って感動した覚えがあります。焦燥感を煽るイントロから突破口を見つけたサビの盛り上がりまで、ボス戦を象徴するような展開と言えます。

 

■彼の者の名は

www.youtube.com

ブレイブリーデフォルトアスタリスク所持者戦BGM。作曲はSound Horizonで有名なRevo氏。彼の作る旋律のロマサガ的?なアツさと厨二感が特に滲み出ている曲です。ギターもヴァイオリンも生音なのでしょうけれどめっちゃ上手いですよね……。

 

■Niflheimr

www.youtube.com

台湾のゲーム企業Rayarkの処女作である音楽ゲーム『Cytus』に収録されている楽曲。Niflheimrとは北欧神話に登場する氷の国で、

彼は燃えさかる剣を手に持ち,世界の終末(ラグナレク)が近づくと荒し回り,世界を火で焼き尽くすことになる。奈落の口の北側にはニブルヘイムNiflheimrがあり,そこには氷と霜があって毒液の流れが奈落の口に流れ込んでいる。ムスペルスヘイムからの熱風とニブルヘイムの霜とがぶつかると,霜が溶けて滴り,そのしずくが熱を送る者の力によって生命を得,巨人ユミルYmirが誕生する。(世界大百科事典より)

なんてファンタジックな資料が出てきたりと、色々とそそられるワードですね。ときどき聴こえてくるファーン!の音がヤバそうな雰囲気を醸し出していて好きです(ボキャ貧)。

 

■Amatias

www.nicovideo.jp

個人的に(勝手に)推している作曲家・ことりさんのプログレッシヴメタル。これも被処刑BGMという感じがします。なお曲名を逆から読むと……。

ことりさんはフリーゲームを遊んでいるとしばしばクレジットに名前が挙がる作曲家さんではないでしょうか。こういったテイストの作品が多数あるので気に入った方はぜひ他の曲も漁ってみてください(ダイレクトマーケティング)。

 

■Loki

www.youtube.com

アルトネリコ』シリーズの第一作『世界の終わりで詩い続ける少女』より、ファルス司祭戦BGM。とてもシンプルな構成ですが音源の特質も相まってか緊迫感のある作品です。これもどちらかというと被処刑に近いような。

 

■Emerald Sword

www.youtube.com

イタリアのシンフォニックメタルバンド・Rhapsody Of Fireの歌う所謂クサメタル。テレビでも流れることは多いので聴き覚えのある方が多いのではないでしょうか。それにしても本当にクサいです。よく聴くと歌詞も相当クサいです。この曲をバックにエメラルドの剣を携えて敵をバッタバッタと薙ぎ倒していきたい……。

 

 ■雲烟飛動

www.youtube.com

シャリーのアトリエ~黄昏の海の錬金術士~』より、アトリエシリーズを代表すると言っても過言ではない戦闘曲です。強大な敵を感じさせるイントロ、雄大なヴァイオリンソロ、そして4拍子になると同時に一気にロック調に変化して畳み掛けるような盛り上がりを見せ、そしてどこか懐かしさを感じさせるメロディを転調しつつ繰り返すサビ……と、1曲のなかに物語が凝縮されています。

 

■Leap the precipice

www.youtube.com

ショパンをテーマにしたRPGトラスティベルショパンの夢~』の通常戦闘曲。オーケストラ調とはいえ編曲は事実上のロックで、案の定というか作曲は『ヴァルキリープロファイル』『スターオーシャン』などで有名な桜庭統さん。隠していてもロックな本性は牙を剥くものです。通常戦闘曲にして迫真という感じがしますね。

 

■天羅の翼

http://www.kazamit.com/midi/K0tenra.mp3

風見鳥さん(KMF - Kazamit Multimedia Factory)がサイトで公開している使用可能な楽曲のひとつ。『セラフィックブルー』『はにょう8』『悠遠物語』などの有名なフリーゲームで使用されています。個人的には『クサいセリフを叫びながら戦いたい曲ランキング 第1位』です。サビ前の8小節(00:41~)でほんっとうに小さく聴こえるハーモニカの動きがお気に入り。

 

四魔貴族バトル2

www.youtube.com

ロマンシングサ・ガ3より、vs四魔貴族(真)BGM。おそらく今回のまとめの中では最も有名な曲ではないでしょうか。常々「お祭りっぽい曲だなぁ」と思いながら聴いているのですが、なんというかお祭りの曲と同じで妙な中毒性があります。ゲーム中では彼らを倒すことでラスボスが弱体化するため、本当に「処刑」する対象となっているのですが、初見では彼らと戦うルートに気づかない人も多く、この曲を聴かずにクリアするパターンもあるとか……。

 

 

以上です。あなたにピッタリの曲は見つかりましたか? 先の内乱で帝国軍に殺された親友の仇を討つときなどに是非ご活用ください。